妄想癖と羞恥心

男子高校生がバカなことをするblog

【オタクが選ぶ‼】いらすとやのかわいいイラスト5選

f:id:ssddhh:20210502155602p:plain
どーも皆さんこんにちは
(最近文字に色を付ける方法を覚えた)

ひだりです。

数日前のことです。
僕は前回の記事(剣道のやつね)を書くにあたり、剣道のフリー画像を探しました。
砂漠で水を求める放浪者のように、良いイラストを求めて延々とネットサーフィンをしていたのです。

そう、まさにこんな感じ。

そこで今回は、僕が放浪の末見つけた
いらすとやのかわいいイラスト5選を紹介していきます!





 
❶地雷メイクの女の子
f:id:ssddhh:20210502162604p:plain
可愛いぃぃいいいぃーーー

いわゆるメンヘラ感のあるお化粧をして髪をツインテールにした可愛い女の子のイラストです

とのことです。

この目元のメイクとか、ちょっと気怠そうな眉毛とか、もうたまんないですねぇ。



ダークエルフ
f:id:ssddhh:20210502162552p:plain
かっこ可愛いぃぃいいいぃぃぃぃぃ

大きな武器を持った闇の世界に住む女性エルフのイラストです。

だそうです。

エルフって最高ですよね。とんがった耳とか綺麗な長い髪とか。しかもそれがダークですよダーク。髪色が白なうえに、肌が紫色。色っぽすぎる。
更に”闇”という言葉から連想されるこの子の暗い過去が、より魅力をかき立てます。翳りと憂いのある表情や切れ長の瞳はミステリアスさを高めるのです。最高ですよね。
普段は暗い表情の女の子が笑顔になった時のギャップ萌えから来る尊さといったらもう……
顔、服装、髪、表情、すべてがドタイプです。もっとこの子のイラストが欲しい…



❸ト字管
f:id:ssddhh:20210502162651p:plain

沸騰して上ってきた気体を横に流すために使われる実験器具、ト字管のイラストです。

ちょっ…何ですかこれ、エッチ過ぎません?????¿?
余りにもエロ過ぎて一人逆さまになっちゃってる“?”君がいますよ…

見てくださいよこのくびれ、この白い肌、ヤヴァクないすか⁈
こんなイラストを描いちゃうなんてけしからん…
けしからんぞいらすとやァ……



ツンデレの女の子
きゃわいいいぃぃぃいい
f:id:ssddhh:20210502162636p:plain

普段はツンツンとした冷たい態度なのにたまにデレデレする女の子のイラストです。

やっぱりツンデレはイイですねぇ。
ツインテール、ほんのり赤めた頬、ジト目、無愛想な態度。
それでいて時々デレてくれるなんて、滅茶苦茶愛らしいじゃないですか。可愛い。可愛い。あぁ可愛い。(大事なことなので何回も言いました。)




❺ゆめかわ女子
f:id:ssddhh:20210503184126p:plain

パステルカラーで彩られたアクセサリーをたくさんつけた夢見がちな(ゆめかわいい)女の子のイラストです。

片目が隠れている子は何だかミステリアスで可愛いらしいですね。
ゆめかわーー!






❻お金のために頑張る会社員
f:id:ssddhh:20210502192508p:plain

お給料に釣られて一生懸命会社の経営者のためにこき使われる働く若い会社員のイラストです。

無自覚に搾取されるだけの愚かな人は
とっても可愛いですよね~
見てて癒されます!



❼悪魔(女性)
せくしいいぃぃいいぃぃ
f:id:ssddhh:20210503185015p:plain

リリスサキュバスのような女型の悪魔のイラストです。

大人の色気があって素敵ィ~~
こんなお姉さんが意外とウブだったりすると萌えますよねー!




❽踏ん張る猫
f:id:ssddhh:20210502163158p:plain
急 に 今 ま で と は 違 う 可 愛 さ

猫砂の上で、おしっこやうんちをしようと震えている猫のイラストです。

「いやいきなり可愛さの方向性変わってんじゃん!!」
とのツッコミがどこかから聞こえてきますね。

確かにト字管や会社員とはちょっと可愛さの種類が違いますが、
可愛いことに変わりはありません。“可愛い”に境界線はないのです(至言)









以上です。
5選の筈がいつの間にか8選になってしまっていますが、
可愛いイラスト達に免じて許して~~

僕が中学生の頃剣道部でしていた遊び


どーも皆さんこんにちは

 
(最近文字をデカくする方法を覚えた)

ひだりです。

今回は、僕が中坊の頃に所属していた剣道部
で友達とやった遊びを紹介していきます。
それではいきましょう!


①かくれんぼ
これは…まぁ…普通でしょ…
屋内の部活の人は大抵やったことあるでしょ…
特に僕の中学の剣道場はムダに広くて跳び箱とかマットとかが沢山あって、正にかくれんぼにはうってつけのstageでした。更に道場内に倉庫が三つ、部室が一つとあったので、その計四つの部屋の中にも隠れ放題でした。丁度倉庫に隠れてる時に限って普段来ない顧問が襲来して、倉庫から出られなくなったこともありました。
また、男子中学生ということでそれなりにプライドがあるもので、そう易々と見つかるわけにもいきません。埃だらけになって倉庫の奥に隠れたり、剣道場からこっそり抜け出してそのまま帰ったり、トイレに隠れたり、鬼になっても誰も探さずにそのまま帰ったり…

漢と漢の熱く激しく卑怯な攻防戦。
作戦を立ては失敗し、
作戦を立ては裏切られ、
作戦を立ては先生に見つかりの繰り返し。
段々と擦り減っていく精神。
芽生え始める疑心暗鬼の気持ち。

陰口。悪口。仲直り。からの裏切り。また悪口。
思い返してみると、「一体何が楽しくてあんなことをしていたのだろう」そう思います。


②目隠し鬼ごっこ
剣道って、頭に手ぬぐいを巻くんですよ。そこで僕たちはそれを目隠しにして鬼につけさせる鬼ごっこをしよう、という発想に至りました。
ルールは単純。鬼が目隠しする。逃げる人達は手を叩きつつ(音で居場所を知らせて)逃げ回る。それだけ。

f:id:ssddhh:20210502111021j:plain
参考として、僕が手ぬぐいで目隠しをした写真を載せておきます。
f:id:ssddhh:20210502103535j:plain

ただ、かくれんぼ同様勝手に帰る奴が出てきたのであまり長続きしませんでした。
これは置いて帰られたときの僕です。かなしい。

③ファブリーズスプラトゥーン

な…なんというクソコラ……
驚きと呆れの余り眼ン玉が飛び出てしまったそこのあなたのために、しばし眼ン玉戻しタイムを取りましょう 10,9,8,7,0 はい終わりィィ

ところで剣道と聞くと「臭そう」「汚そう」「うるさそう」の
三大そうが思い浮かぶことでしょう。
最後の「うるさそう」に関しては認めますよ。実際うるさいし。だってあのスポーツ、技をキメてもかけ声が小さかったら一本取ったことにならないし。なんやねんその謎ルール。
「汚そう」これに関しても認めます。汚いからね。
でも「臭そう」
なんですかこれ。おい。
もう全くもって
その通りだよ!!!!

防具とか竹刀油とか汗とかの臭いが混ざり合ってもー最悪。特に夏なんかは。
そんなわけde、やっぱりファブリーズが必須になるのですよ。
ファブリーズスプラトゥーンというのは、そのファブリーズを使ってお互いがビショビショになるまで撃ち合うげぇむです。(ゲームじゃなくて“げぇむ”って書くとデスゲームっぽさがでるよね)

しかし、マジ喧嘩に発展しかけたりした上に、普通にファブリーズがもったいないよねってことで、あまり長続きしませんでした。


まぁ他にも、じゃんけんして負けた奴が一発ギャグを披露する遊びや竹刀を投げる遊び、椅子に座った状態で剣道をしたり、紙飛行機を飛ばしたり、キャッチボールをしたりと様々なことをやりました。

そんなこんなで三年間遊び続けたので、
終ぞ剣道の級や段を一切取らずに卒業してしまいました。
後悔はありません。だって楽しかったから。

自己紹介と自分語り

どーも皆さんこんにちは
お初にお目にかかります。ひだりです。さっき五秒で考えた名前なので、皆さんにも五秒で覚えて帰っていただきたいと思います。

神奈川生まれ東京育ちの、田舎への憧れを抱く都会っ子です。趣味は少年漫画と推理小説を読むことです。
好きなtypeは年上のお姉さんですが、男の娘から熟女までなんでもokです。
ちなみに高校生です。しかも♂です。英語で言うとboyです。なんでさっきからちょくちょく英語を挟んでくるのかという疑問も、僕が高校生だからということで納得して頂けるでしょう。
この文章を書くにあたってboyとkidの違いを解説する記事を発見しましたが、慣れない手つきでkeyboardをカチャカチャカチャリとしているうちに忘れてしまったので、雑学が好きな人は調べてみてくだしあ

ところで実は僕、中二二学期の定期テストの結果があまりに酷すぎて親にスマフォに制限をかけられ、解除までに(即ち成績を上げるまでに)一年かかったという壮絶すぎる過去を持っています。
はい、つまり、世の中で一般的に言われる“中二病”になっているであろう時期に、僕は全く中二病になれていなかったのです。スマフォがなかったから。

中学二年生。14歳。子供から大人へとなっていく時期。嵐のようにとどまることを知らない自己愛。マリアナ海溝より深い承認欲求。疼きだす右手。離れていく友達。軽蔑の眼で見てくるクラスの女子。
疼きだす左手。俺最近洋楽聴いてるんだよね。暗黒微笑。ステメにポエム。俺が世界の主人公だ。疼きが強まる右手。ますます深まる承認欲求。etc...

そんなものを体験せずに、僕は中二の時を過ごしてしまっていたのです。

そんなわけでこのblogは
僕の失ってしまった黒い青春を取り戻すための闘いであり、
暇を持て余した高校生の遊びでもあり、
主人公になれなかった男の自分語りでもあり、
そして何より読者諸賢(つまり君たち)のこれからの青春なのです。

次会うときにはもっとあなたのことを笑わせられるよう、精進してイきます。